2010年02月16日

バッテリーあがりに

共立電機 長澤です。

カーデンソーネットでもご対応させていただいている「横浜バッテリーお届け隊」や日常業務のなかでもバッテリーあがりで比較的多いのが、長期出張で遠隔地に行かれその後戻られてから、週末にお車のエンジンを掛けようとしても掛からない・・・。といったトラブル事例にいくつか遭遇いたしました。

お車を全く使用していないのに、なぜ???と思われるのも当然ですがバッテリーは、全く動いていない車両にも時計やエンジンコンピューター、ナビ・オーディオ等に電流を供給し各々に情報を「記憶」させています。(暗電流といいます。)

* この機能がないと、乗るたびに時計やラジオを合わせることになり非常に面倒なことになります・・・。

* 暗電流の異常によるバッテリーあがりの修理事例(エスティマ) >>



長期間お車に乗らないのであれば、バッテリーのマイナスターミナルを緩めてバッテリーからマイナスケーブルを外し電流を流さなくしてしまえば良いのですが、もっとスマートにという事であれば、「ターミナルキルスイッチ」の装着をオススメします。

1.バッテリーの、マイナス側に「キルスイッチ」を装着します。



画像でいうとキルスイッチ右側の「ポール部」に、外した車両側マイナスターミナルを締め付けます。


2.「キルスイッチ」を横からみたものです。



黒いダイヤルを緩めると底部が本体から離れて導通がなくなり、バッテリーの電流は流れなくなります。ダイヤルは緩めるだけで外す必要はありません。必要な時は、ダイヤルをしっかりと締め込み導通させます。

* 「キルスイッチ」GTP-045⇒3,675円(税込み・工賃別)


結論でいえばバッテリー周りを綺麗に、また10ミリのスパナがなくてもバッテリーのON/OFFが出来るという点ではスマートでオススメの商品かと思います。
クルマを置いてのご旅行や長期出張を控えていらっしゃる方、ご一考を!

共立電機
posted by car-denso.net at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ├商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

200系ハイエース・ルームクリーンフィルター

共立電機 長澤です。

ご好評いただいております「200系ハイエース・ルームクリーンフィルター」ですが、TRH200V(2010年1月登録車)のフィルター部の画像をご用意いたしました。

1.グローブBOXを外します。




2.フィルター挿入口のカバーを外します。




3.中にフィルターらしきものが入っていますが、ごらんのとおり
  「網目」なのでとても臭いや花粉・ほこりの除去は望めません。




そこで、弊社取り扱いゼオライトWプラス「200系ハイエース用ルームクリーンフィルター」です。
3層のフィルターが「抗菌・消臭・花粉や防塵」に効果を発揮します。




ガレージセールの「イオンテラ」や、新発売「車載用プラズマクラスターイオン発生機」と併用すればさらに効果大!!

まだまだ、ウィルスの時期は続きますし花粉の飛来の季節も間もなく始まります。

200系ハイエース・オーナーの方には今年の冬・春の朗報なのではないでしょうか?



デンソーネットショッピング

共立電機
posted by car-denso.net at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ├商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

クルマの空気、だいじょうぶ?

こんにちは、八千代電気・高野です。

新発売&話題の商品、車載用プラズマクラスターイオン発生器をアップしました。

浮遊ウイルスを抑制し、浮遊カビ菌/アレル物質/付着したニオイを分解・除去する空中除菌技術、「プラズマクラスター」については、シャープのHPをご参照ください。

車内は密閉された狭い空間なのに、人の乗り降りや外気の進入などにより、けっこう環境は劣悪だったりします。ペットを乗せたりタバコを吸う方、あるいはこれからの季節は花粉症の方などは何か対策の欲しいところだと思います。


ただ今送料無料でお届けしていますので、ゼヒご検討ください!



デンソーネットショッピング


八千代電気


posted by car-denso.net at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ├商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

安かろう、怖かろう!HID配線顛末記

こんにちは、和泉電装です。

先日、後付けHIDの点灯不良とのお客様がおみえになりました。
早速確認したところ、確かに片側のHIDが点灯したり、しなかったり・・・。
バラストの不良?かと思い確認しようとグリルカバーを外したら、なんとバラストが宙ぶらりんになっていて、配線のカプラーが抜けかかっていました。

さらによく見ると、もう片方のバラストは今にもアンダーカバーの隙間から外へ飛び出しそうになっていたり、電源コードがボディーと干渉していたりと、まったくもってお粗末なありさまでした。

お客様にお話しを聞くと¥5000でプロ?に取付してもらったとのこと!

他にもホーンの配線やらポジションランプの配線やらを取付してもらったようですが、どれもこれも危ない引き回しで、目を疑ってしまいました。

お客様に配線の状態を見ていただき、ご説明した上で、結局すべての取付、配線をやり直すことになってしまいました。
HIDの点灯不良の解消は勿論、ボディーへの干渉もなくなり、安全に使用していただける事になりました。(幸い機器類やお車には問題はありませんでした。)

いくら作業費用を安く抑えても、安全に使用できないのではいずれ大きな損害を被るのでは?と思いました。実際に車両火災などの事故も起きたりしていますから、電気まわりの作業には細心の注意が必要です。

お客様から作業費用をいただく私達プロは、金額に見合った確実な施工をしてこそ本当のプロだと思っています。
弊社は取付作業にも保証書を発行しています。
プロとしての自信と責任を持って作業にあたりたいと思っています。

これからも「高いですか?でも安心満足でしょ!」ではありませんが、
お客様のためにスタッフ一同努力していきたいです。




posted by car-denso.net at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プロからのアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

twitter

こんにちは、始終ブツブツつぶやいているミズモトです。

なかなか更新が進まない感のある当ブログですが、

せめて、ちょびっとでも、

各店長に情報発信してもらうためにも!

つぶやきコーナーを置いてみました。



左下にも同じ物がありますので、

ヒマつぶしに(違)チェックしてみてくださいませませww


posted by car-denso.net at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。