2004年09月28日

新カテゴリー、というか改名

「電気アニキのDIY道場(仮)」はカッコ仮をとって本家にお返しすることとして、こちらでは各社からのDIY関係の記事をまとめてみたいと思います。それぞれのブログやHPとダブる部分も出てくるかも知れませんが、カテゴリーとしてあった方がいいかな・・・と。

で、今回は前回ちょこっとご紹介したYDK FACTORYより「ヴィッツにETCを付ける」です。

・・・・・・・後で見たらさすがに長すぎ@@;
ってことで、

車の電気周りをいじるときは約束事として、まずバッテリーのマイナス端子を外します。
必要工具:+ドライバー、ペンチ・プライヤー等
取付位置と配線方法の確認
配線の長さに余裕があるか確認しながら本体/アンテナの取付位置を決めます。
今回はアンテナ一体型のため位置はダッシュボード右隅、電源はオーディオの裏から取ることにしました。水色の点線に沿ってモールの内側からダッシュパネルの下・裏を通してセンターパネル裏まで引き込みます。余分なたるみは付属のタイラップで束ねておきます。
パネルを外す
真ん中を残して両端のツマミを引っ張って外し、出てきたネジを外します。パネルは2分割になっているので、上をゆるめておいて・・・
下を外します。じゃまになるカプラーを外し、上のパネルも外します。(手で外れます)
オーディオを外す
パネルが外れたところ(左)。次に下の段に入っているオーディオの固定ネジ(上下4ヶ所)を外します。
本体を引き出し、隙間から手を入れて後ろのカプラーを外します。
本体が外れました。1番上(向かって右)に見えている水色の10pinのカプラーからいよいよ電源を取ります。
電源を取る
常時電源(左):青/黄 ← 車載器側/黄線
ACC電源(右):グレー ← 車載器側/赤線
検電テスターで確認し、これに分岐用のカプラー(たぶん商品のそれぞれの線の先に付属)を挟み、ペンチなどで確実にかしめて接続します。
(線以外は画像を白黒にしてみたんですがあまり意味がなかったですね・・・)
ボディアース
見えているネジに車載器の黒線をボディアースします。(共締め)
ここでバッテリーのマイナス端子を再びつないで、車載器の緑のランプが点いて説明書通りの初期表示(もしくは音声案内)が出ればOKです。
問題なければ逆の手順で外した物を元に戻します。
posted by car-denso.net at 00:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気まわりのDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック