2007年07月05日

アクセル誤操作暴走抑止装置

SDAS:セイフティドライビング・アシスト・システム
http://kyoritsu.car-denso.net/lineup/sdas/index.html


アクセルベタ踏みでエンジンがストップします
ブレーキ/アクセルの踏みまちがいによる暴走事故を防ぐ安全運転補助装置
アクセル/ブレーキを不踏み間違えてしまうと重大事故に直結します。パニック状態では自分で修正・対処することは大変難しく、これを機械的に補助する安全装置です。

こんにちは、共立電機・長沢です。今日は当社のHPから最新の安全運転補助装置のご紹介です。自動車保険は事故後の安心を買いますが、この「SDAS」は事故を未然に防ぎ、被害を最小限にとどめるために開発されたものです。

「アクセル/ブレーキの踏みまちがいによる暴走事故」
新聞やテレビのニュースでよく目にしますが、店舗に突っ込んだり、屋上駐車場や岸壁から転落したり、あるいは人をひいてしまったり・・・かなり大きな事故になってしまうことが多いようです。
印象には残るけど数は少ない、高齢者や女性に多い事故、そんなふうに思っていましたが、実際には年間8000件近くも起こり、年代別では10〜20代がかなり多いそうです。(参照 >>

かくいう私自身も、あわてて発進しようとしてアクセルとブレーキを踏み間違えたり、あるいは「D」と「R」レンジのシフトミスでヒヤリとした経験が何度かあります。
数年前には信号待ちをしているときに、アクセル/ブレーキを踏み間違えた後続車に追突されたこともあります。

この「SDAS」はアクセルを深く踏み込むと(図2〜3)警告ブザーが鳴り、さらに踏み込むとエンジンが自動的に停止します。

この装置が1度作動した時点で購入価格のモトは取れてしまうのではないでしょうか。(心理的な安心を考えればそれ以上の価値が・・・?)

また、警告ブザーが鳴った段階では運転そのものには変化はなく、アクセルを少し戻すとブザーは消えますから、スピードの出し過ぎ注意や燃費向上のためにも役に立つのではないかと思います。


共立電機ではデモカー(トヨタ/イスト)をご用意しています。試乗レポートやQ&AもありますのでHPをチェックの上、『百聞は一見(一踏?)にしかず』、実際の作動状況を体験していただくことができますので、ぜひ1度試乗してみてください。



posted by car-denso.net at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ├商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。