2004年07月02日

電気アニキのDIY道場(仮)・その1/検電テスターの使い方

「工具自慢したってしょーがねぇだろ、きちんと使い方説明せぃっ!」
「エ〜〜〜!だって、よく知らないんだモン♪」

・・・・・ということで、「カテゴリー・工具」は共立電機(http://kyoritsu.car-denso.net/)の長沢専務、通称電気アニキにバトンタッチです。題して「電気アニキのDIY道場」!! 追々HPにもきちんとアップしたいと思いますので、こちらはカッコかりです。

■検電テスターの使い方

あると便利、というより、電気まわりをいじったり何か取り付けする場合にはこれが無いと始まらないという、基本中の基本です。
車のあちこちに配線はたくさんありますが、電気が流れているかどうかは眺めていたってわかりません。通電を確かめる(=検電)のに使います。テスターとはいいながら電流や電圧は測れません。電気が来てるか来てないか、それだけです。構造はいたって簡単、電気が流れると内部の電球が光るという、小学生レベルの理屈です。

[使い方]
1.クリップを車体の金属部がむき出しになった所に確実にはさみます。(=ボディアースする。) 車体金属部はバッテリーのマイナスターミナルと同じです。塗装やサビ・汚れのないところに確実に固定します。
2.検電テスターの先の針の部分を配線コードに突き刺します。通電していれば柄の部分が光ります。
ヒューズボックスを検電したい場合はヒューズを外して中の金具(ヒューズと接する部分)にテスターの先をあてます。

* 光れば電気が流れている事になります。光らない場合はマイナス配線か、キーの状態によりまだ電気が来ていないか、またはどこかで断線しているかということになります。(テスターが壊れているというのはナシです。)

--------------

ところで、何か取り付けようとして説明書を読むと、「B電源」とか「ACC電源」とか書いてありますよね。これっていったい何なんでしょう?

常時電源(B):読んで字の如し。キーを回さない(OFF)状態で常に電気が来ている所。
アクセサリー電源(ACC):キーOFFでは電気が来ず、ACCまで回すと電気が来る所。
イグニッション電源(IG):エンジンをかければ全ての線に電気が来ます。キーをACCまで回したときは電気が来ないで、エンジンをかけて初めて電気が来る所。

電源の種類としては基本的にこの3つです。これを探すのに検電テスターがいるというわけですね。

* ヘッドライトのON/OFFで使用する器具を付ける場合は、キーを抜き、ライトを点けた状態/消した状態をそれぞれ確認します。
posted by car-denso.net at 12:42| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 電気まわりのDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サチ様、こんばんは。

今後もプロフェッショナルならではの工具シリーズに期待しています。
DIYするのも好きですが、様々な工具を見て回り、珍しいものを見つけるのも楽しいです。

こちらのブログは参考になるエントリーが多く、毎日楽しみにしています。

またお世話になります。
よろしくお願い致します。
Posted by あさと(asa_you_nobu_wata) at 2004年07月04日 22:22
こんばんは。いつもありがとうございます。
私自身はプロでもなんでもないので門前の小僧的なところがあるのですが、でも逆に言うとユーザーの側が知りたい情報をプロから引き出すにはかえっていいんじゃないかと・・・。

そんなこんなでガンバリますんで、またよろしくです〜♪
Posted by サチ at 2004年07月04日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

使った方が良い道具について
Excerpt: あると便利、というより、電気まわりをいじったり何か取り付けする場合にはこれが無いと始まらないという、基本中の基本です。 デンソーネットブログよりトラックバックしました。  その機能を知ったのは..
Weblog: エスティマハイブリッドのDIY日記
Tracked: 2004-07-03 22:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。